ブログ

だだこねたけど、久々作ってみたら、やっぱり美味しかった。


去年銀座の高級なフレンチ一人で食べに行きました。
鎌倉野菜がなんちゃらで是非それを食べて見たくて・・・
ユニクロで襟付きのジャケットを買い、張り切って店へ。
結果、今思うとやっぱり美味しかった。チャラチャラしたフレンチでなくガッチリしていて。
相変わらずの高飛車なサービスもМな自分にピッタリで・・・
で今日久々エビ味噌作ってつくづく思わされました。
何度も憧れ作ったこのソース。
他の有名店でも味が良くても匂やえぐみが気になり、
気にならなくまでクリームやバターで薄めたくもなく?
でもあそこの店はガッチリして、軽くなく、やっぱり美味しかった、
抜けてた!
赤牛も実にガッチリしていた。
固くなく柔らかすぎず抜けてなく濃すぎず

百回焼いても真似できない。
あんなに生野菜食わせろってだだこねて困らせたけど。
今更思い出す舌に残る味。

もう辞めたくなる

らく天

2013年3月22日

ブログ

8キロのアンコウ入荷しました。

image

少しだけ春の予感?来る食材もほたるイカや竹の子など春らしくなってきました。玄関開けたら特大のアンコウ届いていました。まだまだ美味しいあんこう、鍋以外でも昆布じめや、ムニエル、唐揚げなどムッチリとした食感は近海ものならでは。ちょっと禁じてた、洋風の一品料理を色々やってみようかな。

2013年2月28日

ブログ

コロポックルから寒芋がとどきました。

image

雪の下でゆっくり寝かせ、じゃなく、今年は氷室を作ったそうで夏でくらいまで寝かせるとか言ってました。やはり男爵芋にしかない香りと食感。毎年言っていますが少し冷めてきた時が食べ頃です。蒸したてよりも甘味と何故か香りも。荒く刻んだアンチョビとニンニクの入ったバターを掛けて。

2013年2月21日

本日の一品・お品書き

千葉県産名古屋コーチン

image

なれない手つきでさばき予想以上に焼き向きな肉質に思えてとりあえず焼き鳥にしてみました。あれっ、旨いかも。もうちょっと若い肉も食べてみたくなりました。届いた時点でも若めな肉質でしたが。あまり地鶏には興味がなく鮮度の良い銘柄鳥をなんとか仕入れられないかと半ばあきらめかけて焼き鳥やめちゃおうかと思ってましたが…結構お高いですが。

2013年2月18日

ブログ

ようやく更新できました。小樽雪あかりの路15娘の写真

寒い中下の娘に雪明りの写真を撮ってきてもらいました。恥ずかしながら一度も会場に行った事がないので娘の写真を見て楽しんでいます。今年から仲間に入れて頂いたフォトBOOkに娘の写真を入れてどんな出来上がりになるのか楽しみです。

2013年2月15日

本日の一品・お品書き

氷見の寒ブリ入荷

image

氷見の寒ブリ入荷しました。航空便で届いたバチバチのブリです。やはりこの鮮度はしゃぶしゃぶが一番かと。娘が箱みて一言。何これ?まぐろ?えっ?ひさしぶり?(笑)漢字もあまり読めない高校一年の冬でした。

2013年1月31日

ブログ

毎日の仕事!

最近の毎日閉店後の仕事です。かなり前から使っている椅子がぐらつきはじめてきました。全部で16脚。全てぐらぐらです。一回全部ばらして接続部分に木工ボンドを流しこんで組み立て直します。あとはベルトクランプでガッチリ圧着させます。ベルトクランプが一つしかないので一日に直せるのは一脚のみ。紐でキツメに縛って圧着させてみましたが、やはりすぐぐらついてしまいました。大工仕事は大好きです。祖父は国鉄で鍛冶屋の仕事をしてたと聞きました。実家には手作りの立派な金物で角々を囲ってあるタンスが並んでました。実家のすぐ横の物置きは大工道具がビッシリで子供ながらに実家に帰る最大の楽しみでした。昭和15年生まれの父も今年で73才。元祖らく天もすっかり足腰弱くなり大好きなお酒も控え目になりました。長男頑張らなきゃ。
今日も頑張って稼ぎましょう!(笑)

image

2013年1月19日

お知らせ

本年も色々お騒がせ致しました!

image

今年も色々ありました。31日と1日はお休み頂いて2日から営業致します。写真は先代の社長様には大変お世話になった八丸堀内水産さんのいずしの本漬です。多少カビ付きと聞いてましたがそこまでは大人チックではありませんがそこら辺のいずしとは物が違います!新年のお通しにと。来年はいい年になるといいですね!店も忙しくなって。(笑)
なかなか不義理ばかりで今年もなにもできずに終わってしまいますね。自分の力不足の反省で年超しちゃいます。これからもうひと頑張り、掃除、掃除。

2012年12月31日

ブログ

高い物を安く提供できる工夫その一

今更プレミアム焼酎の前割に夢中です。何故なら原価率そこそこたもてて
いい焼酎使えるからです。うちの店位適当だとあの酒飲みたいと言われて無理して用意してもその場限りでロスになる事なんてしばしばです。ところがこの前割、水で焼酎を割ってまず保存。それを燗酒の様に徳利でお出ししてもいいのです。しかもお客様をおもてなす為の焼酎の飲み方とのオマケ付きです。吉兆宝山の全量芋麹なんてを飛びきり燗でやるとうまいのなんのって。小徳利でチビチビやって650円で楽しめる。

2012年12月3日

ブログ

お酒と食べ物の相性

ここ何ヵ月か結構お酒もワインも飲んでます。そしてその辺に残ってるものひたすら食べて○×つけてます。ところがこれって実は凄い大変な作業でほとんど×ばかり。中々いい感じの物を自分では見つけだせません。たまにお客様におでんに合う日本酒下さいなんていわれると、パニくります。(おでんのタネは何を召し上がるんだろう?練り物系ならあの酒かな?大根なら?牛筋なら家の在庫の酒なら無理かも?)みたいに。飲んでも飲んでも間に合わない。最近のヒットは庭のうぐいすと牡蠣です。酒屋さんに牡蠣に合う酒で選らんでもらいました。一番近道です。牡蠣はお酒を美味しくしてしまうといいますがこのうぐいすとの相性は別格でした。ではでは、本日はワインでチビチビ…

2012年11月21日